■  コラーゲンも老化する??



私たちは、年とともに新しいコラーゲンを製造する速度が衰えるため、中高年になると長期間古いコラーゲンを使って体を維持する事になります。おまけに製造されるコラーゲンの数も次第に減少して行くそうです。そのため肌や骨、関節などが衰えて行くんですね。

特にコラーゲンの70%は全身の皮膚に分布されていると言われています。美肌を作る真皮はコラーゲンの集合体なのです。若いうちは常に新鮮なコラーゲンでこの真皮が構成されているため、瑞々しいハリのある肌を保つ事が出来ます。しかし、年を重ねるに連れ、古いコラーゲンが主成分となるため、シワやシミなどが出て来るのですね。驚く事に、コラーゲンの新陳代謝のピークは二十歳前後! つまり20代も半ばを過ぎるともうお肌の老化は始っているのです。

さらに、コラーゲンは、紫外線や電離放射線、オゾンなどによって発生する活性酸素に弱く、日焼けなどで傷んだり減少したりします。そこで、成人になるのを境に、意識してコラーゲンを補充する事が大切になる訳です。けれど、化粧品のコラーゲンというのは、保湿成分を保つ効果として利用されているものが殆どで、直接肌にコラーゲンを摂取出来るかというと、その効果はあまり期待出来ないそうです。

  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 主な非線維性コラーゲン
★ コラーゲンも老化する??
★ サプリメント編
★ 注射編