■  良いコラーゲンの選び方



数年程前から良く耳にするようになったコラーゲンという言葉ですが、コラーゲンといえば真っ先に思い浮かぶのは?豚や鳥などの油かな?何も知らなかった私はそう思うことがありました。最近ではアミノコラーゲン入りゼリーやドリンクといったサプリメント食品などが多く市場に出回っていますが、コラーゲンとは一体どういうもの?

いろいろと調べてみたら人間のカラダには必要不可欠なタンパク質で、そのタンパク質の約3分の1を占める割合いでコラーゲンが体内に存在しているそうです。主な役割りというのは、酸素などをカラダに供給する役割りや、体内の老廃物を排出させる役割りを持っているようです。そんなコラーゲンは骨や皮膚・血管などに含まれているようです。人間誰もが、年を重ねると、皮膚がカサカサして乾燥肌になったり、血液がドロドロになったり、骨粗しょう症になってしまったり。そんな症状に悩まされることがあると思いますが、そんな原因というのは、コラーゲンが不足しているからだということに繋がるのでしょう。

いつまでも元気なカラダで長生きしていくには、一人ひとりが積極的にコラーゲンを摂取する事が大切なんですね。人それぞれコラーゲンを摂取する事で起こる効果というのは様々かと思いますが、カラダに害は与えない成分なので積極的に摂取するように心がけたいです。最近では、手軽に手に入るコラーゲン入りのサプリメントなんかもありますが、多くの種類がありすぎて何を基準に選んだらいいのか迷うところです。

コラーゲンには、動物性(豚)コラーゲン・海洋性(魚)コラーゲンといった2つに分類されているようです。豚や鳥には多くのコラーゲンが含まれていると思われている方が多くいるでしょうが、一番大切なのは、どちらがコラーゲンを多く体内に吸収する力に優れているのか?そこがポイントのようです。魚コラーゲンの方が優れているというデータがでています。

だからといって魚料理ばかりを食べるのではなく、バランスを考えて油分もしっかりと摂取する事を心がけたいものです。動物性コラーゲンを補充したいという方は、サプリメントタイプのコラーゲンで補充するのもいいですね。それと安全性もチェックしておく必要があると思います。サプリメントだからといって安全だと思ってはいけないと思います。生産された場所や安全性もチェックしましょうね。それと合わせて、厚生労働省からの認定されているのならより安心です。

  

■ 本サイト人気コンテンツ

★ 主な非線維性コラーゲン
★ コラーゲンも老化する??
★ サプリメント編
★ 注射編